20181025 大熊町/一時立ち入り送迎
解体の立会いのための一時立ち入り送迎。連絡があったのは世帯主のご子息Sさんで、病気の父親の代わりの立会いでした。
仕事で神奈川から大熊に移住して住んでいたのは世帯主夫婦のみで、Sさん自身は大熊には度々遊びにきていたという。
家は借地という事で、解体してしまえば大熊には何も残らなくなってしまうが、
帰りにはアルバムを数冊もって郵便局から発送。まもなく大熊時代の懐かしい写真が家族のもとに届くことでしょう。