20180225/浪江町/いぐね伐採
浪江町帰還困難区域のTさん宅のいぐね伐採二回目。継続してるいぐね伐採、今回も家に近いところに曲がって立ってるため、
Tさんのトラクターで引っ張ってもらっての10数本の伐採でした。切ったものは、所有の敷地内に保管。
この地域は帰還困難区域の中でも特定復興再生拠点になったため、今後除染して平成35年に避難指示解除を目指すというところ。
除染では木はきってくれないので、除染が始まる前に切っておいて処分するという方が何人かいるそうです。ここでも時間との戦いが始まりました。
Tさんは今の家を立て直し、解除になったら戻ってくる、しかも近隣の人はだれもやらないので、農地保全もやると力強く言いきりました!
こういう方こそ、色んな方面からのバックアップが必要ですよね!