20180107 浪江町/庭木伐採
京都に落ち着いて、めったに帰る機会がないSさん宅の庭木伐採。倒れたままの屋根付きの門が痛々しく、
700坪を超えるの庭の一画には大量の落葉樹の林があったり、量的にハンパない数がありました。
当然一日で終わる量ではなく、出来る所まで伐採して終了。子どもは娘さんが二人で、
この家を継ぐ人はおらず、孫の代に残したいという気持ちが胸に染みます。
残りはまた後日。一時帰宅した時にはキレイになってるように。