2017.3.13  富岡町郡山富田仮設掃除片付け
役場からの依頼で、引越し後の仮設住宅の掃除片付けを実施。ここにいた方は要介護の方で、
自力で独立は出来ずに最近施設へ移り、引越しは既に終わってました。
その後に残ったものを全て処分するという依頼。
引越し後ということもあり、処分する荷物は少なくて、小一時間ほどで作業は終了。
一時期は大勢の方が住んでいた富田仮設も、いまではガラガラで車も少なく、空き部屋の張り紙が
たくさん貼ってありました。そこに6年という月日を痛感するとともに、
震災後にうまれた一つのコミュニティのおわりに直面し、ひっこしの挨拶などをみると
一抹の寂しさを感じたのでした。もちろん仮設の場合は発展的解消ではあるけれども。
お手伝い頂いた某社のみなさん、ありがとうございました。