20170711 大熊町/いわきー大熊間送迎定期一時帰宅墓参り
「片付けようとゴミ袋をもってきましたが、もういいです。あきらめました。ふんぎりがつきました」
東京に避難したSさんの定期一時帰宅送迎。今回は娘さん夫婦も一緒に2世帯4名で来ました。
前回、イノシシの侵入を防ごうとした応急処置も無惨に、またしても室内に入って荒らされた跡があり、
散らかった室内をみて、片付けようとした時にでたSさんの言葉が、冒頭のもの。
大熊に来るのは初めてという娘さんのダンナさんに、住んでた家、実家、お墓など、丁寧に説明していて、
大熊の思い出を伝授しているような光景が印象的でした。
家族に残すモノがなくなるとは、どれほど無念な思いでしょうか。
それでも、また行きましょうと、声をかけるのが自分には精一杯でした。