2016.7.31 富岡町夜ノ森/庭木伐採、草刈り
伊達にいる娘さんのところに身を寄せているTさんから、解体を前にした庭木伐採の依頼。
解体時期はまだ全然決まってない。裏庭は最初に聞いた100坪という以上に広く、
最初の除染が終わってからかなり時間が経っていたので、新たな雑草が人の背丈以上に伸び放題、
さらに葛のツルも伸び放題で、庭木の上を覆いつくし、木を切っても上が繋がってて
倒れない何所が点在。樹がなかったところに5m以上のものが生えてたりするのはこの辺ではもはや見慣れた光景で、
想定よりかなりの量の伐採となったので、この日だけでは終わり切りませんでした。
それでも、終盤には浜団の応援もあって、詰め込んだフレコンは30個と過去最高。
持ち越した次回の仕上げは相当楽になるところまでやりました。

Tさんは解体予定の家の中を片付けてましたが、今では家族がバラバラになり、
ここ夜ノ森には帰りたくても、帰れないだろうという事でした。
次にTさんが一時帰宅する時には、せめてキレイになった庭にしておこうと思う次第。
近所には、夜になると部屋の灯りがついていて、特例宿泊で夜間滞在してる方もいたり。
人それぞれ、対照的な部分を垣間みる夜ノ森南の一画でした。