2016.4.18 いわきー大熊間送迎、荷物持ち出し、お墓参り
東京からいわきにくる用事のついでに一時帰帰宅の依頼をされたSさんの同行送迎。
実質的に作業はない予定だったが、震災当時の散らかったままな上に、室内に動物が侵入した形跡あり、
またしても冷蔵庫が荒らされ放題の様子だったので、ちょっとだけ玄関周りの掃除と、
玄関までの草刈りを実施。お墓参りは、町内で実家、親戚など三カ所。
それほど町内に親戚が多かったが今はみな散らばってしまって、疎遠になりつつあるという。
帰りは実家をみたり、少し町内をながめて、足がないのでバスの一時帰宅だとここまではまわれず、
知り合いにも頼みにくかったと言う事でとてもよろこんでくれました。
家の借地は、いつかは解体して更地にして返すだろうと言う事だが、大熊町では
まだそういう話は進んでいないどころか、このあたりは除染の予定もない地域。
庭には避難中においてきた家の中で亡くなったネコのお墓がありました。
持ち出し荷物はひな人形や着物などダンボール二箱ほど。帰りは玄関の引き戸が壊されていたので
動物が侵入しないように、トイレのドアをはずして玄関を塞ぎました。

川内の避難所で数日間、その後東京に落ち着いて新居を求めたので、
たまに帰ってきては様子を見にくる程度の一時帰宅。次回は室内も庭先もきれいに
片付けましょうと約束して、いわきの宿泊先に送り届けて終了。