2016.11.26  富岡ー三春 家具運搬
富岡町のSさんは、震災後娘さんのいる柏崎に避難し、三春熊耳の仮設ができると同時に仮設入り。
約5年間の仮設生活を経て、この度三春の平沢に出来た復興公営住宅/平沢団地に引っ越すことになりました。
ついては、富岡時代に使ってた家具を持ってきたいとの依頼でトラック出動。ほぼきれいなままの
茶ダンス、ソファ、イスなどを運搬しました。富岡の自宅は最初はなかった雨漏りが徐々に広がってきて解体予定。
年齢からして、この公営が終の住処になるでしょうか。平沢団地は個建て住宅が80数戸ある大きい公営住宅で、
富岡以外にも双葉、大熊の方もいるらしい。広い敷地はほとんど一つの新しい町ができたような感じさえするが、
例に漏れず高齢者が多いので、今後の行く末は心配。Sさん夫婦の新しい生活に幸多からん事を。
   2014年  
  2015年  
  2016年