2015.9.26 双葉町/津波被災家屋、土蔵片付け、整理など
毎回、千葉県市川から一時帰宅されるIさんの定期一次帰宅同行お手伝い。今回は被害の少ない蔵に、保存しておきたいモノを運び、
捨てるもの保存するものの仕分け、そして立派な、しかし崩れそうな土蔵の2階に、おばあさんも上がってもらい、
何が残っているかの確認と、仕分けまでやりました。あとは前回フレコンに入りきらなかった片付けゴミを整理。
双葉町のこの避難指示解除準備区域でも大々的に除染が始まり、ちょっと前までは考えられないくらい
クルマと人(除染の)が行き交って、あちこちで解体も始まりました。そして依頼者Iさんの口からもついに解体に向けてという
話がでて、今回の仕分けもその一環の流れでした。定期的に作業してきたこの家には、なんとなく愛着もあり、
色んな事が動き出してるという実感と、解体されればちょっと寂しい思いも。
屈強な作りだった明治時代の建物も津波には勝てなかった。帰りにお墓参りに同行し、草むしりをして終了。