2015.6.27 会津若松ー大熊間一時帰宅送迎、掃除、片付け、草刈りなど
大熊の依頼者Yさんの一時帰宅はこれが半年ぶり3回目。前回は庭や裏の小さい畑のジャングルを大々的な草刈りをしたところ。
家周りは除草剤が効いていたが、裏の畑やビニールハウスは、再びジャングル模様に。
今回はまだ手を付けていない押し入れの片付けに着手。これもまだ開けてなかった台所流しの下の棚の中は、
ネズミの荒らしたあとが、臭いとともにすごかった。徹底的にゴミ出しフレコン詰め。
雨漏りのため屋根にかぶせたシートはまだ健在。そしてまた、この半年の間に、ここも物置の引き戸のガラスを
蹴破られて侵入された跡が。前回仮補修したとなりのガラスをなんでわざわざ……。
帰還困難区域のこの辺では、自宅ではなく物置が狙われるケースが多いという。許せない悪行に天罰を。
その破られた引き戸のガラス部分を、ありあわせのプラダンとベニヤで応急処置。

体調の波があり、やや足が不自由なYさんは、自分の余命をあと何年と考えて、
いま引っ越す事を考えているという。広くなったら大熊の自宅から持って行きたいものもあると。
この自宅は、言葉は悪くなってしまうが、現在の年齢から考えて、生きてる間には帰れない、
いつかは解体されるとしても、旦那さんとの思い出が繋ぎ止め、守っていたいと言う。
であるならば、また何度でもここに来ましょう。そしてこの家の中でお茶して、食事もするのです。

帰りにお墓参りをして、会津に送り届けて終了。
スタッフの皆さん雨の中おつかれさまでした。