2015.6.21 双葉町 一時帰宅送迎、片付けゴミ出し草刈りなど
双葉町の帰還困難区域、Eさんの半年ぶりの一時帰宅同行はこれが4回目。現在住んでいるつくばからいわき駅まで来て、
双葉の自宅間の往復送迎と、今回はまだ手つかずの離れ3部屋の片付けゴミ出し、家周辺の掃除、草刈りなどを実施。
ホコリとネズミの糞まみれの室内を片付け、要らないモノをガレージに設置したフレコンに詰め込み。
発掘された必要なものを少し持ち帰りました。本当はもう少し持ち帰りたいものがあるけれども、今住んでいる住宅事情で持って行けないモノも。
前回仮修復した敷地内の墓石は無事。でも震災後亡くなった旦那さんのお墓は、今住んでるところの近くに購入したという。
陥没し、傾いてしまった家の一部分は前回から更に陥没の度合いが進んでいて、物置の2階部分の壁のトタンははがれ落ち、
いつか崩れてしまうのも時間の問題となってきた感も。それでも、家に一時帰宅するのが嬉しくてしょうがないと行ってくれる。それが全てです。

今回新たに、何者かが家に侵入した跡が、あちこちに見受けられました。しかもガラスが割られ、ドアを蹴破った痕跡があり、
それを見た時は怒りで血が沸騰しそうでしたが、Eさんには見せずに、黙って応急処置しました。
前にもあったこのケース。もう盗られて困るようなものはないとはいえ、帰還困難区域でのこの悪行非道、
どうやったら防げるだろうか?6国の規制解除がこういう事態の一因となっていないだろうか?