2015.5.31 富岡町小良ヶ浜 樹木の伐採
依頼者宅はお墓が庭の敷地内にあり、側にある高い枯れたヒノキが傾いていて、お墓の上に直撃しそうとの事で伐採を実施。
実際、強い風が吹くとユラユラと揺れて、危険な状態にありました。
そして木を倒す方向が、電線やお墓の影響でかなり限られていて、切り倒す予定でなかった2本も一緒に伐採。
ロープで引っ張りながらの体力勝負となりましたが、無事に3本とも切り倒し、細かくして終了。
依頼者は最初は町に相談したところ、東電を紹介されたが、区域的な事と、木そのものの大きさから
断られて、次に町の紹介で相双ボランティアに依頼して頂きました。(なんでもこい!)
帰還困難区域で線量も高い依頼者の田んぼは、現在仮置き場になり、この地域での農業はもう無理だと。