2015.3.13 富岡町 ーいわき間一時帰宅/お墓参り送迎、作業下見
依頼者はいわき市の借上げ住宅に一人暮らし。近くには知り合いがいず、孤立しがちの様子。
これまではバスでの一時帰宅だったが、限られた時間で手もつけらず帰る日々だったと。
季節的に庭周りの雑草は枯れてはいたが、夏場なら結構な伸び放題を思わせる状態。イノシシが荒らした跡も。
玄関周りだけ軽く草刈り。室内はそれほど散らばってはいないが、ネズミに荒らされたあとが酷い。
当時かけた屋根のシートがもうボロボロで、雨漏りで天上がだんだん腐ってきてる様子も。
この日はまず下見だけとの事なので、次回以降の作業の段取りを考える。
帰りにはお墓参りを。墓石がすっかり倒れてしまって揃えてはあった石材をみるとかなり立派な作りだった事を伺わせる。
悲しいかなそのすぐとなりに他の方の骨壺が二つ、雨ざらしになって置いてあった…
この方は避難解除になったとしたら、帰るかどうかまだ決めかねているという。高齢でお一人なので新たに家を建てるという選択肢はないと。
この様子だと解除時期が先に伸びれば伸びる程、家の荒廃は進んでしまうだろう。雨漏りは早く手を打たないと致命的になる。